芦屋インソールまさき

芦屋インソールまさき

芦屋市のインソール女性作製者。足に良い話。

足に悪い靴、足に良い靴、おしゃれ靴の履き方

www.ashiya-people.com

私が初めてインソールを作ってもらった日。

気持ちよく歩けることに驚いたことを覚えています。

 

でも残念なことにその靴店の靴で靴ずれがおき、いろいろ努力したのですが

履くことを諦め、娘にあげました。

もう1足、パンプスも購入したのですが、革が硬すぎて履いていると足先が痛くなり

その靴は外出先にバッグの中に入れて持っていき、その場所でだけ1時間ほど履くようにしました。

 

でも本当は痛くない靴が履きたい…とずっと願っていました。

インソールの学校へいく前は、幅広で大きめの靴を選んで靴下を重ね履きして、痛くないように履いていました。

でもそれが大間違いだとわかったのは、インソールの学校で得た知識ででした。

 

自分の足のサイズはてっきり4Eくらいだと思っていました。

ところが! 学校で足のサイズを測ると、私の足幅は思っていたよりずっと細かった

のです。ただ、幅広の靴を履いていたために、足が横に大きくなっていました。

これを開張足と呼ぶことを初めて知りました。

 

それから早や数年たち。

靴とインソールのこだわりが大きく育ちました。

今はいろいろ試行錯誤の結果、靴で悩むことがなくなりました。嬉しいです。

自分に合う靴が見つかるなんて、思いもしませんでしたから。

歩いても痛くない靴があるなんて。でもそこの靴が全員に合うとは限りません。

皆さんには皆さんに合う靴が必ずあるはずです。

 

ただ、靴を選ぶ時の基準や履き方・靴ひもの結び方はとても大切です。

インソールを購入頂くとき、そうした靴の選び方もお伝えしています。

せっかくインソールを入れるなら、ぜひ基準を満たした靴に入れて頂く方が

絶対に足に良いですから。それは間違いありません。

 

足によい靴は、ひも靴です。中足骨を締められて開張足を予防できますから。

バレエシューズのような真ん中でグニャリと曲がる靴はだめです。

ちゃんと外反母趾と内反小趾のラインで曲がる靴が良いです。

蹴り出す時に曲がるライン、です。

 

外反母趾の人は、外反母趾の部分に縫い目がある靴は避けてください。

縫い目の部分は硬くなるので、伸びにくく、当たると痛くなるからです。

外反母趾の人はヒールの高い靴を履くと、前滑りして悪化します。

ヒールの高い靴はかかとが外側に倒れるので、捻挫しやすくなります。

 

足に悪い靴、たくさんあるのです。

本当に悪いのです。足が横にのびる靴とか、前滑りする靴とか。

 

でも女性はおしゃれしたい。

そんな人にもインソールの出番です。足に絶対悪い靴でも、こんなに素敵な形をして

きれいな色をしている靴を手放せない、そんな人にもインソール。

インソールで足を悪くしないようにサポートしながら、おしゃれな靴も

外出先でだけ、もっていって履くのです。

行き帰りはちょっと我慢して履きやすい靴でお願いします。

 

でも…ずいぶん長い間、私は間違った靴選び・履き方をしていたんだな、と思います。

遠い長い旅だったなあ…

 

ところでいろいろ書類を作成していましたら、右手が腱鞘炎になってしまいまして。

パソコン打ってると、右手が痛いのです(泣)。

でもまた頑張って書きますね。それでは。

 

芦屋インソールまさきのホームページが開設されました。

www.ashiya-people.com

こんにちは、芦屋インソールまさきです。
兵庫県芦屋市でインソール作製の事業を行っています。
今週のお客様は、講座4回目、次回が最終回となります。

こちらのお客様は普段から運動習慣があり、筋肉もしっかりついているため、全5回コースです。

インソールの作製に加えて、外反母趾によいサポーターのご提供をします。

この方の場合は、5回コースの講座の中で ①靴ひもの結び方・履き方のご指導、この方に合う靴先の形状のアドバイス

②入浴時にオススメの「外反母趾マッサージ」「第3関節の柔軟性を高める体操」、

③骨盤矯正と肩関節の可動域の体操

④この方の歩行癖を修正する歩行指導    を行います。

 

講座のコース回数は、その方の普段の運動習慣や筋肉のつき具合をみて、ご相談して無理のない範囲でできるように設定しますが、大丈夫そうだなと思ったら、回数を減らして早く終えることもあります。

 

逆にもう少ししっかり必要な筋肉をつけ、必要な関節の柔軟性をつけないとケガにつながりそうだな…と思った時は回数をもう1、2回増やしたりなど、臨機応変に対応しています。

なるべくムダに回数多く通って頂くことのないよう、適切な回数をと考えています。

良心に沿わないことをすると、ヨガの神さまがみていますからね~(*^▽^*)

プチヨガ行者なので、そこはご安心下さいね。

 

 

 

 

足底筋膜炎が治ったお話

www.ashiya-people.com

実は、足底筋膜炎、とタイトルに書きましたが、医師の診察ではそう言われた訳ではなく、恐らく10中8,9、そうだろうと私が勝手に思った足の炎症の話です。

 

足の裏の痛みに襲われたのは、夫と初めてウオーキングをした日の翌朝でした。

 

今思うと、普段、あまり歩いていなかったのに急に沢山歩いたために足裏が疲労し緊張したのでしょうか。

 

痛みは激しく、特に朝、ベッドから足を下ろした時に激痛に襲われました。

 

その痛みはなんと1年続きました。

これは堪らないと思い、整形外科へ行きました。

MRIとレントゲン撮影をしましたが、異常ナシ。

 

医師は私の目の前でインターネットで足痛の原因を検索していました!

そして、原因不明、と言われました。処方されたのは、精神安定剤!と痛み止め。驚きました。

 

このまま一生、この痛みが続くのか、と暗澹たる思いでした。

 

そんな時、新聞のチラシ広告に、インソール作製が掲載されていたので、藁にもすがる思いでその靴店に行き、インソールを作製頂くと、

 

痛みの5割が減りました。嬉しかったのですが、まだあと5割痛い。

 

なんとかならないかと、ネットで足底筋膜炎の体操を調べ、早速、朝の起きたてにしてみると、3割の痛みが減ったのです。

 

でもあと残り2割が治らない!

それが治ったのは、歩行改善のお陰でした。ある治療院の先生が書いたゆりかご歩きという本でした。(今はこのゆりかご歩きとほかの方法を組み合わせて指導しています)

 

これでやっと全ての痛みが消えました。とても嬉しかったです。

 

この経験から、足の痛みを自力で治せる手立てがある事を知りました。

 

何とか私がそのやり方を広めたい!と思い、東京のインソールの講座に通うようになったのです。

足は知れば知るほど奥が深く、勉強になります。

 

 

 

 

芦屋インソールまさきは、珍しい女性作製者

www.ashiya-people.com

芦屋インソールまさきは、女性の

作製者1名で行なっています。

女性の作製者がどこの店や医院にも属さずに、1人で作製しているのは珍しい方だと思います。

 

私は東京のオーソティックスソサエティーという、 NPO法人のインソール作製者を育成する講座で2年かけて作製技術を学びました。

 

その講座は約40名の受講者がいましたが、そのうち初級講座は女性が8名、中級・上級講座は4名だけでした。

 

講座の受講生はほとんどが理学療法士か、靴メーカーの方で、整骨院などから受講金の補助を受けて来ていました。

 

私は数少ない女性の中でも、理学療法士などの国家資格はなく、補助金もなく、完全に自腹で参加しました。

足に関する何の知識も経験もなく、しかも記憶力の悪い最年長で、大変不利でした。

 

でも、「あきらめなければ失敗じゃない、諦めたときに失敗になる」と言っていたカーネルサンダー氏の言葉を信条に、時に私なんかにできるわけがない、と打ちひしがれながら、文字通り歯を食いしばって頑張りました。

 

そうして芦屋インソールまさきは、兵庫県の女性起業家支援事業として認可頂けるまでになんとか行き着けました。

 

ここまで来れたのは、夫や家族、私を応援してあげようと作製を依頼下さったヨガサークルの方々、友人の応援、

 

ご指導下さった芦屋商工会議所の西畑様や、(株)芦屋人の杉本様の広告のサポートなど、

 

計り知れない温かい助けの手があったからです。すべて皆様のお陰様です。感謝してもしきれません。

皆さま、良いお人柄の方々ばかりで学ぶ事が沢山ありました。

 

他の人に信じてもらえ、助けてもらえると、それに応えなければ!と思います。

 

弱音を吐きそうになっても、ここでやめたら今まで応援して下さった方々への恩に報いることができない、その親切を無にしてしまう、と思うと、諦めるわけにはいきませんでした。

 

私はいま51歳で、子育てもほぼ終わり、これから夜の蝶になれる?というのに、

 

なぜ遊びもせず、朝は4時5時起き、時には早朝2時に起きて、インソール作製の勉強したり、事業計画書とか書いているのだろう?と思いました。

 

6時半から家族4人のお弁当と朝食を

3時間立ちっぱなしで作り、脚は棒のようになりながら送りだしました。

 

でもヨガサークルの皆さんの足の悩みを解決したい!そう思い続けました。

 

でも失敗して、激しく自己嫌悪に陥ったり。もともと手先は不器用で、

頭の血の巡りも悪く、記憶力も理解力もすこぶる悪い私です。

 

人の何倍も努力しなければ、他人様の平均レベルには達せられないといつも思っていました。

 

努力は裏切らない!を胸に必死でした。頭の悪い私だからこそ、他人様より大幅に理解力に欠けた私だからこそ、

 

同じように悩む人に、分かりやすくその人の足の悩みの原因を説明できる!

何が分からないかが、私には分かるから。

 

ですから、私のインソール作製では、お客様の足の悩みの原因をこと細かに絵もまじえて手書きでも分かりやすく解説します。

 

そして、自分では気づかなかった

自分の歩く時の癖、立つ時の癖などを知ってもらい、普段から注意して修正していってもらいます。

 

インソールは正しい歩行に誘導します。が、本人の意思で歩行修正もしてもらえば、鬼に金棒、効果は絶大です。相乗効果を発揮します。

 

日本中の、いえ、アジア中の、いえ、世界中の足で悩む人が、1人でも減ったら嬉しいなぁ!と切に願います。

 

過去の私と同じように、痛みに苦しんでいる人の、一生この痛みを抱えていくのか、という不安を消してあげられたら…どんなに嬉しいだろう?と思い、頑張り続けてきました。

これから、もっとお役に立ちますからね!

 

私が死んだ後でも、このブログが残り続けてくれれば、いつか後世の誰かさんに役立つ時がくるかもしれません。

 

だって人間がいくら進化しても、まだしばらくは足があるでしょうから。足がある限り、足の悩みは生じますから。だから後世の人にも役立つはず…!

 

女子短大生の頃からの夢は、ほんの小さな事でもいいから、後世の人に役立つ事を遺したい、でした。

 

私という実体が無くなっても、私の何かがちょっぴりでも役立てたなら本望だなぁと。

 

そんな気持ちで足のことを書いていきます。

よろしくお願いします。

 

後世の皆さん、もしこの記事が残っていたら、読んでくれてありがとう。